倉敷芸術科学大学 芸術学部 - Kurashiki University of Science and the Arts

サイトポリシーSite Policy

サイトポリシー

倉敷芸術科学大学 芸術学部 オリジナルサイト(以下「本Webサイト」といいます)は倉敷芸術科学大学 芸術学部(以下「本学部」といいます)が運営しており、サイトポリシーを下記のように定めております。
プライバシーポリシー
倉敷芸術科学大学 芸術学部は個人情報を重要視し、プライバシーポリシーを制定しています。
ソーシャルポリシー
倉敷芸術科学大学 芸術学部はソーシャルメディアに対する姿勢を重要視し、ソーシャルメディアポリシーを制定しています。
ソーシャルメディア利用ガイドライン
倉敷芸術科学大学 芸術学部はソーシャルメディアの利用による社会的影響を重要視し、ソーシャルメディア利用ガイドラインを制定しています。 
著作権について
当ウェブサイトに掲載している記事・写真・映像・絵・イラスト等は著作権法により保護されています。各著作物は作者に著作権が帰属しており、著作権者に無断で複写、複製、翻訳、転載等することは、法律により禁じられています。
他サイトとのリンク
当ウェブサイトは、外部サイトへのリンクを含みますが、それらの独立した第三者のサイトおよびサービスについて、当ウェブサイトはいかなる義務や責任も負いかねます。(本学部公式ソーシャルメディアアカウントを除く)
免責事項
当ウェブサイトを利用される場合、上記サイトポリシーに同意していただいと判断いたします。予告なく内容を修正させて頂くことがございますが、変更が反映された後も当ウェブサイトを使用される場合、変更内容を確認して頂いたものと判断いたしますのでご了承ください。 

プライバシーポリシー

個人情報の保護に関して以下に記載する内容のプライバシーポリシーを定めております。
1.個人情報の収集
本学部は様々なサービスを提供するために、利用者から「2.個人情報の利用」に記された範囲内で、個人情報の収集を行うことがあります。収集する個人情報の範囲は、その目的の達成において必要限度内で行います。個人情報の収集は、適法かつ公正な手段によって行うものとします。本Webサイトが提供するサービスにおいて、利用者から直接もしくは間接的に個人情報を収集する場合は、その個人情報の収集、利用又は提供に関する必要な事項を何らかの方法で通知いたします。
2.個人情報の利用
個人情報の利用は、本Webサイトへの掲載、問い合わせへの返答、資料の発送、本学部からのお知らせ、統計的集計、その他本Webサイトが提供するサービスの目的の達成のために必要な範囲内で、このプライバシーポリシーに準拠して行います。また、本Webサイトが提供するサービスの目的達成のため、当該業務の委託を受けた業者(以下、「委託業者」といいます)に個人情報を提供することがあります。この場合について、個人情報は本Webサイトが明示する用途のみに使用し、委託業者にはその委託業務を超えた利用はありません。
本Webサイト
- 作品写真・映像、作品タイトル、作者名をサイトへ掲載させていただいています。
- イベント、課外実習などの催事名、担当者名、関係者名、関連団体名、催事写真・映像をサイトへ掲載させていただいています。
お問い合わせ
- お名前、メールアドレス、電話番号(任意)、お問い合わせ内容を、お問い合わせ内容に返答するために、保管・利用させていただいています。
アクセス履歴
- 本Webサイトの閲覧情報(閲覧ページや滞在時間など)として、閲覧者のインターネットドメイン名、IPアドレス、携帯電話端末識別番号を自動的に記録・収集し、本Webサイトが提供するサービスを円滑に運営するための参考として利用しています。
3.収集した個人情報の管理・保管
収集した個人情報については、管理責任者による適切な管理を行います。また、外部への流出防止、情報の紛失、破壊、改ざんの危険や外部からの不正なアクセス等の危険に対して、適切な安全対策を実施し、個人情報の保護に努めます。
委託業者は業務を行うために必要な範囲で個人情報を利用します。この場合は、機密保持契約の締結などの方法により、漏えい・再提供の防止などを図ります。
4.個人情報の第三者への提供と安全対策
本学部は利用者から提供された個人情報を、利用者本人の同意なく、第三者に対し個人情報を開示することはいたしません。ただし、法人と機密保持契約を締結している協力団体、提携会社及び委託業者に対して個人情報を開示する場合があります。その場合においても、本Webサイトが提供するサービスと同様、個人情報に関する諸規程を遵守し、その管理を行い、本Webサイトとの間において個人情報を遵守する契約条項を義務づけます。また、本Webサイト利用者本人より個人情報の開示を求められた場合は、合理的な期間内において可能範囲内の情報を通知することができます。上記以外において、以下のような場合、個人の情報を開示いたします。本Webサイトが従うべき法律に基づき個人情報の開示を要求された場合(裁判所、検察庁、警察などの法的機関から、ユーザーからの提供情報についての開示を求められた場合)、本Webサイトは、これに応じて情報を開示する場合があります。 
5.個人情報の開示、訂正、削除について
ご提供頂いた個人情報の開示、訂正、削除を希望される場合は、本学部 事務局 (お問い合わせ) よりご連絡ください。ご請求が利用者ご本人によるものであることが確認でき次第、対応させていただきます。
6.セキュリティについて
当ウェブサイトを通じて個人情報を提供いただく際には、SSL(Secure Sockets Layer)を利用した暗号化通信を使用し安全性の確保に努めます。当ウェブサイトのウェブサーバと利用者がお使いのブラウザ間の情報は、SSLを使って保護されています。また、収集した個人情報は本学所定の管理基準に基づき厳重に管理いたします。
7.その他、個人情報の取り扱いについてご留意いただきたいこと
インターネット上で個人情報を誰もがアクセスできる形で公開した場合、その情報は、他のインターネット利用者によって収集され又は利用される可能性があることにご留意ください。利用者ご自身の個人情報の取扱いには十分にご注意くださいますようお願いします。本Webサイトのコンテンツからリンクされている第三者のサイトおよびサービスは、本Webサイトとは独立した個人情報の保護に関する規定やデータの収集の規定を定めております。本Webサイトは、これらの独立した規約や活動に対していかなる義務や責任も負いかねます。個人情報の提供にあたっては、各サイトの定める規約等を事前にご確認ください。
8.免責事項
個人情報の取り扱いにつきましては、適宜その改善に努めてまいります。
当ウェブサイトを利用される場合、上記プライバシーポリシーに同意して頂いたと判断いたします。予告なく内容を修正させて頂くことがございますが、変更が反映された後も当ウェブサイトを使用される場合、変更内容を確認して頂いたものと判断いたしますのでご了承ください。

ソーシャルメディアポリシー

倉敷芸術科学大学芸術学部(以下、本学部)は、本学部が公式に運用するソーシャルメディアの公式アカウントから情報発信を行う際の方針を以下のとおり定めました。このポリシーは本学部が公式で運営しているソーシャルメディア・アカウント (Facebookアカウント、Instagramアカウント、YouTubeアカウント) に適用されるものとします。また、メディアの特性上、内外の社会状況等にあわせて予告なく随時見直しを行います。
1.目的
本学部ではソーシャルメディアの特性である拡散性・即時性などを活用し、学部公式オリジナルサイトと連携しながら本学部の情報発信を強化すると共に、本学部関係者への情報共有促進とインターネットユーザーとの継続的な関係構築を目指します。
2.運用方針
本学部は、ソーシャルメディアが個人のつながりを元としたコミュニケーションの場であり、広く一般に世界に向けて公開され、様々な思想や文化を持ったユーザーの方が存在していること、一度発信した情報は完全には削除出来ないことを理解し、良識・節度ある態度で参加します。また、ユーザーの権利の尊重、著作権などの知的財産権の保護、プライバシーの保護などについて最優先に尊重して行動します。
場合によっては本学へ大きな影響を与える可能性があることを十分認識し、常に正確な情報を伝えることを心がけ、誤った情報を発信したり誤解を与える表現を行ったりした場合は、速やかにお詫びと訂正を行います。
3.投稿内容について
本学部に関係するニュース、イベント、取り組みなどを本学部公式ソーシャルメディアアカウントを通じ、広報担当の担当者が必要に応じて投稿します。リツイート及びシェアは本学部の活動に関係があるものについて、必要に応じて行います。
4.返信・コメントについて
本学部からの情報発信が目的です。ユーザーから寄せられたコメントやメッセージにお返事はいたしません。質問や掲載内容についてのお問い合わせは本学部 事務局 (お問い合わせ) よりご連絡ください。
寄せられたコメントについて、いかなる責任も負いません。ただし、不適切と考えられる内容については、その裁量において利用者の承諾を得ずに削除させていただくこともあります。
5.ソーシャルメディアでのアクションについて
本学部公式ソーシャルメディアアカウントからの「フォロー」などのアクションは公的機関・教育機関・学内組織以外については原則いたしませんが、必要に応じて利用する場合があります。しかしながら、特定のアカウントに対するアクションは本学部からの支持を表すものではありません。 
6.その他
本学部ソーシャルメディアを利用した事によって被られた損害や逸失利益についての保証はいたしかねます。
7.免責事項
ソーシャルメディアの利用の仕方につきましては、適宜その改善に努めてまいります。当ウェブサイトを利用される場合、上記ソーシャルメディアポリシーに同意していただいと判断いたします。予告なく内容を修正させて頂くことがございますが、変更が反映された後も当ウェブサイトを使用される場合、変更内容を確認して頂いたものと判断いたしますのでご了承ください。
公式ソーシャルメディア一覧
以下のソーシャルメディアを本学部公式ソーシャルアカウントとして管理・運営しています。
Facebook ( https://www.facebook.com/KUSAarts/ )
倉敷芸術科学大学 芸術学部 公式 Facebookページを開設しています。本学部の活動や取り組み、学生生活の様子などを幅広く紹介していきます。
YouTube ( https://www.youtube.com/channel/UCd0ICu3hM8YvrWFssq6TB1Q )
倉敷芸術科学大学 芸術学部 公式 YouTubeチャンネルを開設しています。本学部の学生作品、学生生活、取り組みなどについて、動画で配信します。
YouTube ( https://www.youtube.com/user/s12go )
倉敷芸術科学大学 芸術学部 映像・放送コース 公式 YouTubeチャンネルを開設しています。本コースの学生作品、学生生活、取り組みなどについて、動画で配信します。
Instagram ( https://www.instagram.com/kusathearts/ )
倉敷芸術科学大学 芸術学部 公式 Instagramを開設しています。本学部の卒業制作作品、本学部のキャンパスライフ、倉敷に関する写真・映像を投稿しています。また、一般ユーザーからハッシュタグ #kusathearts を使って投稿頂いた本学部及び倉敷に関する写真・映像からセレクトして本学部公式アカウントから再投稿もしています。( 詳細 )

ソーシャルメディア利用ガイドライン

本ガイドラインは、倉敷芸術科学大学 芸術学部の教職員、非常勤講師、学生を対象に、ソーシャルメディアを適切かつ安全に活用できるよう、ガイドラインを策定しました。
1.ソーシャルメディアとは
ソーシャルメディアとは、Facebook、Twitter、Instaqgram、YouTube、LINE、ツイキャス、ブログ、電子掲示板などに代表される、利用者が情報を発信してコミュニケーションを形成していく電子的なメディアを言います。
2.ソーシャルメディアの基本原則
ソーシャルメディアはユーザー同士のコミュニケーション、多様な情報発信・入手、自由な議論、グローバルなコミュニティの形成など、意義ある活動であり、原則としてソーシャルメディアの利用は個人の自由であると考えます。
しかし、一方で、ソーシャルメディアやウェブ上で投稿・公開した情報は誰もが閲覧し利用することができるため、発信者が意図しない問題を引き起こし、社会や本学・本学部に多大な影響を与えたり、発信者自身の個人情報を流出させるなど、発信者自身が多大な影響を受けることもあります。
このため、ソーシャルメディアの利用に当たっては、利用者一人ひとりが、ソーシャルメディアの特性や自らが負うべき責任を正しく理解し、適切な利用を心掛けなくてはなりません。
3.法令遵守
ソーシャルメディアを含めたインターネット上の表現も、憲法などの法令下にあります。利用の際は基本的人権、プライバシー、名誉、肖像権、著作権、商標権、ソフトウェア、その他の他者の権利や利益を不当に侵害することのないよう、関連する法令・規定を遵守しましょう。
4.サービス利用にあたって
サービスを利用する際は利用規約を確認し、運用ルールや文化などもよく理解した上で利用しましょう。各サービスにより運用ルールなどが異なり、予告なく変更されることもあります。使用中のサービスの内容・変更も常に確認しておきましょう。
5.個人情報の取り扱い
ソーシャルメディアの中には公開範囲を設定できるものもありますが、公開範囲をきちんと確認・理解して設定してください。また、公開範囲を正しく設定しても情報が外部に流出しない保証はありません。各個人・グループ、家族・友人・知人の個人情報 (住所、電話番号、メールアドレスなど)を安易に記述しないようにしましょう。また、匿名で利用していても過去の些細な情報から個人情報は特定され、拡散される可能性があります。個人情報の取り扱いには十分注意してください。
6.人権・倫理の尊重
ソーシャルメディアは公の場であり、様々な背景を持つ不特定多数のユーザーが存在しています。自身の視点が他人の視点でも正しいとは限りません。人権尊重の基本理念や倫理観を大切にし、特定の個人や団体への誹謗中傷、人種・思想・信条などの差別、猥褻表現を含む投稿、その他、公序良俗に反する投稿は法律に違反しない場合であっても許されるものではありません。
意図せず自らの発言が他人に迷惑をかけたり、誤解を招いてしまう可能性を常に意識し、相手の考えや価値観を尊重し、丁寧に耳を傾けましょう。また、他人に不快な思いをさせてしまった場合や誤った情報を広めてしまった場合には、真摯な態度で、すぐに謝罪・訂正しましょう。
7.情報の拡散性
一度公開した情報は発信者がその投稿を削除しても、既に様々な形で拡散されている可能性があり、事後のコントロールは困難です。また、その情報は半永久的に残る可能性もあります。投稿する内容に責任を持ちましょう。 
8.正確な情報発信と不適切な発言の訂正
正確な情報の発信に努め、嘘や噂を助長させる事実と異なった情報を発信をしないよう、自分が掲載した内容には責任を持ってください。また、発信した情報に誤りがあった場合は、速やかに情報を分かり易く訂正してください。
9.大学の一員であるという自覚
ソーシャルメディアを利用し、所属を明らかにしてコミュニケーション活動を行う場合は、個人としてだけではなく、社会全体から大学を代表したイメージで受け取られる可能性があることを充分に自覚し、その発信が本学・本学部の見解であるような誤解や、個人や大学の名誉を損なうことのない良識ある情報発信を心がけてください。 
10.冷静な対応
自分の投稿に対して間違いの指摘や批判があるかもしれませんが、感情的な対応は控え、意見を投稿する前にもう一度見直すなど、冷静に対応しましょう。感情的な対応はトラブルに発展する可能性があります。
11.トラブルへの対応
トラブルに遭遇してしまった場合、必ず担当教員・事務局に報告を行い、一人で判断を行わず対応方法を相談してください。 
12.守秘義務・機密情報の取り扱い
アルバイト先やインターンシップ先で守秘義務に反する情報の発信を行ってはいけません。企業、本学・本学部で知り得た守秘義務に含まれる情報を、ソーシャルメディアを利用して発信することのないようにしてください。企業によっては、インターンシップを受け入れていることや大学と提携していること自体が秘密となっている場合もあります。同様に就職活動中に見聞きした情報にも機密事項が含まれていることがあるので注意してください。事情により情報を発信する必要がある場合は、担当教員・事務局に相談の上、許可を得てください。
13.IDやパスワードの管理
IDやパスワードは、紛失しないように工夫して管理してください。また、パスワードは他者に推測されにくいものを設定しましょう。 
14.不要となったアカウントの凍結
更新する必要がなくなったアカウントは放置せず、確実にアカウントの削除を行ってください。使用しなくなったアカウントを放置すると、不正ログインにより他人に悪用されるリスクが高まります。
15.免責事項
ソーシャルメディアの利用の仕方、情報の発信の仕方につきましては、適宜その改善に努めてまいります。予告なく上記内容を修正させて頂くことがございますがご了承ください。