倉敷芸術科学大学 芸術学部 - Kurashiki University of Science and the Arts

デザイン芸術学科Department of Design & Arts

自分らしい学びを組み立て、
専門性と総合性を身につける。

 1、2年次では、デザイン領域とアート領域の7分野から興味のある科目を選択し、幅広く学んでいきます。例えば、イラストレーションとビジュアルデザイン、油画を学んで造形表現力を高める、プロダクトデザインと陶芸を同時に学んで発想力や企画力を育てる、など考え方はさまざまです。
 3、4年次では、その中から専門分野を絞り、より深く掘り下げます。可能性を最大限に広げる学びを自ら組み立てることで、一人ひとりの個性と目標に沿った専門性と総合性が身につけられるカリキュラムです。
イラストレーション

イラストレーションIllustration

豊かな表現力と構想力を育てる。

幅広い媒体で活躍できるイラストレーターをめざす。

イマジネーションを視覚化し、社会へと発信するイラストレーションを学びます。広告、装幀、雑誌、絵本、Web、アニメーション、キャラクターや雑貨、そしてアートと、幅広い分野で活躍できる豊かな表現力と技法を探究します。

  • 仁淀川
  • 人と動物は紙一重 - 温まる
  • 見て楽しむ合唱曲
  • 梅雨だく
ビジュアルデザイン

ビジュアルデザインVisual Design

想像力と造形力を養い、「考える力」を育てる。

あらゆる問題に柔軟に対応できる、創造性豊かなデザイナーをめざす。

グラフィックデザインや立体表現など、幅広いビジュアルコミュニケーションを学びます。ポスター、雑誌などの印刷媒体からWebサイト、モーショングラフィックスなどのデジタル媒体までを扱い、広告やブランディング、パッケージ、サイン、エディトリアルといった視覚情報伝達の設計方法や最適な表現方法、媒体を探究します。

  • Snuggle
  • Bring home CARP
  • くらしきぐるり
  • 島根根性
  • 水水し
  • I bukuro
生活プロダクト

生活プロダクトLife Style Product

感動と共感を生むデザイン力を育てる。

感動体験と新たな生活文化を提案できるデザイナーをめざす。

生活雑貨や家具、家電、情報端末など製品(プロダクト)のデザインと、これからの社会に不可欠なユニバーサルデザインやエコデザインを学びます。人々の生活や気持ちに寄り添い、感動を生む表現や形、そして新たな生活文化をつくるデザイン理論や実践プロセスを探究します。

  • つっこめるん
  • 仕切り
  • 倉敷色彩博物館
  • 縁むすび御札、縁めぐり御札
  • 大学内のカフェ
ファッション・テキスタイル

ファッション・テキスタイルFashion & Textile

伝統的な織・紡・染と新素材を融合し、独自の表現力を育てる。

身体感覚を活かし、新しい立体造形のできる人材をめざす。

ファッションデザインとテキスタイルデザインを学びます。イメージを衣服や立体造形として表現する技術の習得に加え、伝統的な染織技法や新素材を融合した制作などを行います。身体感覚を活かした自由な発想をもとに、新しい造形表現の理論と技法を探求します。

  • 晴れを着る
  • ポケットで遊ぶリンクコーデ
  • 星月夜の海
造形芸術

造形芸術The Figurative Arts

日本画、油彩画、版画、彫刻の古典技法から、現代の素材を用いる技法まで学びます。絵画制作では膠、和紙、顔料、筆、キャンバスなど専門性の高い素材と表現との研究に取り組みます。彫刻制作については、塑造技法を中心に様々な素材を用いた表現および各種キャスティング(型取り)技法などを含めた本格的な彫刻制作を追求します。

  • 1947
  • 月の光
  • spectrum
  • 現と幻
  • WATER LILY -月-
  • Cosmic(Departure) -This moment
  • 11:58
工芸

工芸Applied Arts

ガラス工芸、陶芸など様々な技法の研究ができます。ガラス作品の制作では吹きガラス、カット、研磨、接着など幅広い技法と表現とを学びます。陶芸作品の制作では、各地の陶土·釉薬を研究し、ろくろ、手練り、板練り形成などを学び、炎芸術の深い世界を追求します。

  • untitled
  • untitled
  • untitled
  • untitled
  • untitled
  • untitled
  • untitled
  • Spiral
  • 飴釉深鉢
  • 鉄赤釉茶器
現代アート

現代アートContemporary Art

現在のアートシーンを理解するため、文脈歴史、構造、実技を学びます。文脈では美学、思想を学び、歴史ではコンセプチュアルアートを源流とし、構造では主に国際展を概観します。実技では現代絵画、立体、映像ソフト(Adobe、3DCG)の技法を学びます。これにより現在のアートシーンを総合的に理解し、社会との相互関係を読み解くことで今後のアートの展開を探求します。

  • Untitled

教員Professors

  • 磯谷 晴弘
    教授
    (ガラス工芸)
  • 後藤 秀典
    教授
    (グラフィックデザイン)
  • 田丸 稔
    教授
    (造形基礎)
  • 松岡 智子
    教授
    (美術史)
  • 森山 知己
    教授
    (日本画)
  • 柳田 宏治
    教授
    (プロダクトデザイン)
  • 五十嵐 英之
    教授
    (油彩画)
  • クリス・ウォルトン
    准教授
    (イラストレーション)
  • 張 慶南
    教授
    (ガラス工芸)
  • 井上 昌崇
    講師
    (陶芸)
  • 川上 幸之介
    講師
    (現代アート)
  • 吉田 磨希
    特担准教授
    (イラストレーション)
  • 正宗 幸子
    特担准教授
    (ファッション・テキスタイル)

設備Facility

技術と表現力を磨くことができる
24時間使える充実した施設設備

 倉敷芸術科学大学 芸術学部では、実習内容に合わせた施設を用意しています。豊かな自然光が入る絵画実習室や彫刻実習室、吹きガラス用の釜を設置した吹きガラス室やガラス彫刻用のガラス研磨室、陶芸用のろくろ室と登り窯、染め物用の染色室、機織り機を設置した機織り室と、プロフェッショナルの職場にも負けない設備です。
 また、グラフィックデザインやイラストレーション、プロダクトデザインに欠かせない、クリエイティブツール「Adobe Creative Cloud」を搭載したMacやWindowsも24時間利用可能。学んだ技術を作品制作へと活かせる環境が用意されています。(※時間外利用は事前に届出が必要です。)